道具

【中華チタンペグレビュー】デメリットほぼナシ?強度と軽さを併せ持つ最強ペグ

じむぱんだ

こんにちはこんばんは、サラリーマンアウトドアブロガー、

動画投稿者のじむぱんだ@Jimpnd1)です。

この記事のまとめ

Amazonで購入可能な高コスパ中華チタンペグ

強度と軽量化、相反する要素を併せ持ったチタンペグを約2年使ってきた筆者が

リアルな使用感、メリットデメリットを徹底レビュー。

おすすめチタンペグについてもご紹介。購入に迷っている方必見の記事です!

こんな方におすすめ

  • チタンペグが良いらしい?とは聞くけど実際どうなの?
  • キャンプに持っていく鍛造ペグが増えて重い!
  • ペグを軽量化したいけど強度も捨てがたい!
  • バイク、自転車ツーリングキャンプ用の万能軽量ペグを探している。
  • バックパック、ULキャンプに最適な軽量ペグを探している。


じむぱんだ

強度と軽量化、相反する機能に悩んでいる方に

オススメしたいチタンペグ


created by Rinker
Soomloom
¥2,970 (2021/09/27 05:36:03時点 Amazon調べ-詳細)

ペグと言えばすぐに思い浮かぶのは、ソリッドステークエリッゼステークなどの

鍛造鉄製ペグやステンレス製の高強度かつ重量級ペグ。

そして、軽量なアルミやジュラルミン製のV型、Y型、十字型などのペグだと思います。

鉄やステンレスは、アルミやジュラルミンのペグに比べ

圧倒的な強度がある反面、非常に重いです。

アルミ、ジュラルミンのペグは強度こそ劣りますが、重量面では恩恵を受けられます。

ポイント

  • 鉄、ステンレス → 高強度・重い → キャンプテント向き
  • アルミ、ジュラルミン → 強度低・軽さ重視 → ULキャンプ、山岳テント

上記を踏まえ、両方の良いとこ取りチタンペグは強度を犠牲にせず、軽量化ができます。

そんなキャンパーの欲望に応えてくれるチタンペグを使い始めて早2年。

チタンペグ4つの特徴

その名の通り素材にチタンを用いたペグです。まずは素材について簡単にご紹介しておきます。

有名なソリッドステークエリッゼステーク鉄製の鍛造ペグというのをご存知の方は多いはず。

まずは、チタンの4つの特徴を簡単にまとめました。

チタン4つの特徴

  • 強い
  • 軽い
  • 錆びない
  • 有毒性が無い

それでは順番に少しだけ詳しくご紹介します。

チタンペグの強さ

チタンは、銅・鉄・アルミニウムと比べ、熱して溶ける温度が一番高く

高い温度(885℃)を超えると結晶構造が熱に強い構造に変化するそうです。

また、戻ってくる力が鉄の2倍あり、曲げても元に戻りやすい金属です。

チタンペグの軽さ

鉄よりおよそ60%、銅よりおよそ50%ほど密度(どのくらい詰まっているか)が

少なく、軽のです。しかし、アルミニウムよりは比重が重いです。

チタンペグは錆びない

銅・鉄・アルミニウムと比べて非常に腐食しに食いという特徴があります。

酸にも強く、溶けにくい金属です。

チタンペグは有毒性無し

チタンには金属に多い有毒性が無く、金属アレルギーなどの原因になりません。

故に人工関節など、人体に直接埋め込む医療機器などに使用されることも多いようです。

確かに、アウトドア製品ではチタン系のクッカーやマグなど人体に

直接触れたりすることが多い道具にもよく使われていると思います。

チタンペグ4つの魅力

チタンペグ4つの魅力

  • 軽くて扱いやすい
  • 強度は鍛造ペグ同等
  • 錆びない
  • メンテナンスが楽

チタンペグは軽くて扱いやすい

鉄のおよそ60%の密度とにかく軽いので、同じ本数の鍛造ペグを持ち歩くより

圧倒的に軽くて楽です。

チタンペグ8本



エリッゼステーク8本



じむぱんだ

同じ本数でも約3分の1の重さ!


チタンペグの強度は鍛造ペグ同等

チタンは鉄のおよそ60%の密度で軽くても同等以上の強度を誇るため

鍛造ペグの代名詞ソリッドステークエリッゼステークと同等の強度です。

硬い地面にもしっかりと打ち込めます。

また、細くても強度が出るため柔らかめの地面には刺さりやすく

スムーズな打ち込みができます。

チタンペグは錆びない

鍛造ペグは鉄製で表面にカチオン電着塗装が施されています。

基本的に1度でも使うと剥がれ、撤収時にどんなにキレイにしていても

先端から徐々にサビはじめます。

しかし、チタンペグは泥などを拭き取らなくても錆びません。

チタンペグはメンテナンスが楽

錆びないので極論地面から抜いた後、そのまま保管してもOK。

メンテナンスフリーでとても楽です。

水洗いした後に濡れたまま放置しても錆びません。

Amazonで購入した中華チタンペグ

ZYVoyageチタンVペグ

ZYVoyage Vチタンペグ

初めて購入したチタンペグはZYVoyageのVチタンペグ12本セット。

1本11.5gと軽く、山岳用テントやタープ泊時のバグネットのアンカー用として購入。

created by Rinker
PaaGo WORKS(パーゴワークス)
¥26,400 (2021/09/27 04:33:51時点 Amazon調べ-詳細)

NINJANESTの四隅のペグダウンによく使っています。

短くコンパクトなVペグで携行性は非常に良いです。

肉厚が薄いのでペグダウンする際に曲がる可能性が高いです。

硬い地面に打ち込んだり、見えない石がある場所では少し注意が必要です。

何本か曲げてしまいましたが、Vペグはハンマーで叩いて曲がるたびに修正をしています。

今のところ折れてはいません。

Lynx cabinチタンペグ

次に購入したのがLynx cabinチタンペグ24cm×8本(4本セット×2)

謎のクジラ模様の袋に入って届きました。(笑)

直径8mm、全長240mmで1本54.5gでした。

30cmの鍛造ペグより長さは短く太さも細いので質量差がありますが

強度は鉄製の鍛造ペグ同等、重量は半分以下!やはり軽さは正義です。

円柱型で先端が尖ったネイル型ペグにロープ掛け部分が溶接された形状です。

エリッゼステークのように楕円型の回転防止の工夫などは施されていません。

ハンマーを当てるヘッド部分も特に工夫はされていません。

ガイロープなどを引っ掛ける部分もしっかりと溶接されており、

ロープが抜けにくいように返しもついています。

先端は鉛筆のような形状です。

円錐形状の始まりから少し上に3つのスリットが入っていますが、

何の機能があるのか…滑り止め?旋盤加工上できた物?何なのかは不明です。

この日は琵琶湖から風速7〜8m程の強風でしたが、

DDタープスーパーライトを張って一泊しても不意の抜けや曲がりなどは皆無で

中華製という不安もありましたが全く心配ありませんでした。

チタンペグのメリット・デメリット

チタンペグについては価格面以外ではメリットしか無いと思います。

チタンという素材がいかに優れていてアウトドア用品との相性が良いかがよくわかります。

メリット

  • 圧倒的な軽さと鍛造ペグ同等の強度
  • 錆びない
  • メンテナンスが楽
  • 細い(鋭い)ので打ち込み(挿し)やすい
  • 中華製は安い

デメリット

  • 国産品、メーカー品は価格が高くなりがち
  • Amazonで意外と売れているので在庫切れも多い

チタンペグはこんな人におすすめ

ペグとチタン素材そのものの優れた特性の相性が良すぎて

正直キャンプや登山をするどんな方にもオススメです。

しかし、1本当たりの価格が高価になるという点だけがネックなので価格面を無視したとすると…

こんな方におすすめ

  • とにかく荷物をシンプルにしていきたい
  • ペグの強度を落とさずに軽量化をしたい
  • 鍛造ペグがかさんで重い
  • バイクや自転車のツーリングキャンパー
  • 身一つバックパックキャンパー
  • チタンはロマン、チタンが好きな人

Amazonおすすめチタンペグ

Amazonで購入できるオススメ中華チタンペグと

価格はそれなり、安心のメーカー製チタンペグを掲載しておきます。

キャンプ向けおすすめチタンペグ(大型テント・タープ用)

登山(山岳テント)向けおすすめチタンペグ

created by Rinker
エバニュー(EVERNEW)
¥4,974 (2021/09/27 05:36:07時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
エバニュー(EVERNEW)
¥4,024 (2021/09/27 05:36:10時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
バーゴ
¥550 (2020/10/14 21:10:20時点 Amazon調べ-詳細)

チタンペグレビューまとめ

今回はチタンペグについてご紹介しました。

チタンペグは素材そのものの特性(強度、軽さ、耐腐食性)が優れています。

一度使ってみると、その強度と軽さ、そしてメンテナンスのしやすさの虜になってしまうと思います。

コスト面を気にしなければ、鍛造ペグの代わりに必要な本数を揃えるのは十分アリだと思います。

僕はメインのペグをすべてチタンペグに変更しました。(2021年6月現在)

Amazonで購入できる中華製チタンペグであれば、低コストで必要な本数を揃えることができるので

みなさんもぜひご検討ください。

合わせて読むROTHCOパラコードと村の鍛冶屋自在金具を使ってガイロープを作る方法

続きを見る

TRUSCO中山ツールボックスペグケース
合わせて読む【トラスコ中山ツールボックスODレビュー】ペグケースに最適でした

続きを見る

道具沼のみなさんにオススメ!いらない道具をお金に変えて新しい道具を買おう!//

// メルカリが面倒な時にオススメの無料宅配買取

  • この記事を書いた人

じむぱんだ

琵琶湖のほとりに住む、アウトドア大好き20代後半サラリーマン。 非日常を求め、ソロキャンプ / 登山 / 車中泊を楽しみつつ、アウトドアギア中心のレビューブログ「野ログ」を運営。 質問やご依頼などはお気軽に お問い合わせフォームからどうぞ。 詳しいプロフィールはこちら

-道具
-,

© 2021 じむぱんだ