ノウハウ

【米軍式Tシャツたたみ方】パッキングに最適【ミリタリーロール】

アウトドアはもちろん、旅行や自宅での収納など、様々なシーンで役立つ、 超合理的な米軍式のTシャツのたたみ方「ミリタリーロール」を記事として記録しておきます。

米軍式Tシャツのたたみ方『ミリタリーロール』とは!?

ミリタリーロールとは、別名「アーミーロール」とも呼ばれるそうで、米軍などで実際に取り入れているTシャツのたたみ方と言われています。

合理的かつシンプルでコンパクトにたためるため、後ほどの(たたみ方)でくるくると巻く工程がありますが、意外や意外、シワになりにくいのも特徴です。

実際に米軍などで兵士に実践されていることもあり、多少雑に荷物に入れたりしたとしても少々のアウトドアでは型崩れの心配がいらないのが良いところ。

非常に便利なたたみ方なので、ぜひ習得してみてください。

たたみ方

それでは実際に皆さんの身近にもある衣類を例に5つのステップで

たたみ方を見ていきましょう。

Tシャツ編(参考:mont-bell ウイックロンTシャツ )

1.まずはシワを伸ばす。

※きれいに仕上げるために重要

2.裾部分を外側に100mm~150mm程度折り返す。

※折り返す長さによって仕上がりサイズを変化させることもできます。

3.縦に3等分する。中央の幅が1000円札程度が目安。

※横幅によって仕上がり幅が変化。

4.ネック側からくるくると巻いていきます。

 ※このときにしっかりと力を入れて巻くと小さく仕上がり、シワにもなりにくいです。 

5.裾の折り返しまで来たら巻いた部分を中に入れつつ折返しを戻して完成!!

長袖編(参考:ユニクロ ヒートテック)

1.まずはシワを伸ばす。(Tシャツ同様)

※きれいに仕上げるために重要

2.裾部分を外側に100mm~150mm程度折り返す。

※折り返す長さによって仕上がりサイズを変化させることもできます。

3.縦に3等分する。中央の幅が1000円札程度が目安。

※横幅によって仕上がり幅が変化。

4.ネック側からくるくると巻いていきます。

 ※このときにしっかりと力を入れて巻くと小さ く仕上がり、シワにもなりにくいです。 

5.裾の折り返しまで来たら巻いた部分を中に入れつつ折返しを戻して完成!!

パンツ編(参考:mont-bell コンバーチブルパンツ)

1.しっかりとシワを伸ばす。

2.腰部分を折り返す。

 ※裏返す長さはパンツのサイズによって適宜調整 

3.脚の部分を重ねるようにして折り返す。

4.裾側から腰部分のうら返しの長さより少し短めに巻いていく。

※腰周りは特に厚みが出てくるので注意。

5.くるくると巻いていき、工程2.の腰部の折返しまで来たら折返しを戻しつつ中に入れて完成!!

ミリタリロール活用まとめ

さすが、ミリタリーロール。

世界最強の軍隊が実践しているだけのことはありますね。毎日身を守る衣類にまで最強の合理性を追求するとは…大変便利です。

このたたみ方にすることでキャンプや登山、旅行時のパッキングなどなど、ものすごくはかどります。

かさばるけど着替えをたくさん持っていきたいから小さくしたいとき、

登山など、より荷物の厳選が求められる状況下で、なるべくコンパクトにする必要があるとき、

自宅で限られた収納にたくさんの下着を収納したいときなどなど、様々な状況で大活躍します。

ぜひ実践してみてはいかがでしょうか?

  • この記事を書いた人

じむぱんだ

琵琶湖のほとりに住む、アウトドア大好き20代後半サラリーマン。 非日常を求め、ソロキャンプ / 登山 / 車中泊を楽しみつつ、アウトドアギア中心のレビューブログ「野ログ」を運営。 質問やご依頼などはお気軽に お問い合わせフォームからどうぞ。 詳しいプロフィールはこちら

-ノウハウ
-

© 2021 じむぱんだ