道具

【キャンプ3種の神器】最初に揃えたい3つのキャンプ道具

じむぱんだ

こんにちはこんばんは、サラリーマンアウトドアブロガー、

動画投稿者のじむぱんだ@Jimpnd1)です。

これからキャンプをはじめてみたいけど…何が必要なのかわからない…

とにかく調べてみたけど失敗したくない…

そんな方に最初に揃えるべき3つのアイテムを紹介したいと思います。

まずは3つのアイテムを揃えて2020年春からキャンプデビューしよう!

最初に揃える3つのアイテムとは!?

ズバリ!

  1. チェア(イス)
  2. マット(寝具)
  3. シュラフ(寝袋)

です!

なぜこの3つ?

この3つさえあれば、キャンプができてしまうのです。

身近な友人や会社の同期、先輩がキャンプにハマっている先輩キャンパーはいませんか?

もしいるとしたら大チャンスです。ぜひ「キャンプに興味があるんだ!」「一緒に行きたい!」と話を切り出してみてください。

最初に述べた3つの道具さえ最低限あれば、一緒に連れて行ってくれる仲間も道具の心配をすることなく楽しくキャンプをすることができるので、快くOKしてくれるでしょう!

一緒に連れて行ってくれる人の車やテントに人が入る余裕があっても、その他のキャンプ道具まで貸せる余裕がある人はなかなかいません。お金があって道具沼にINしている人なら貸してくれるかもしれませんが(笑)

次はオススメの三種の神器プランを紹介していきます。

オススメ三種の神器プラン

5年前、初めてキャンプ道具を買おうとしていた僕自身に向けてアイテムを選んでみました(笑)

最強コスパ 、入門セット【 予算アンダー ¥10,000 】

とにかく安く、快適な製品を集めてみました。

なんとアンダー¥10,000これでも十分キャンプが楽しめます。

※推奨シーズン:GW~10月

チェア:FIELDOOR アウトドアチェア

https://amzn.to/3gY1l7k

マット: キャプテンスタッグEVAフォームマット 56×182cm

https://amzn.to/2XToy1z

シュラフ:Naturehike 超軽量封筒型寝袋

https://amzn.to/2BmFZju

高コスパ 、軽量コンパクト定番入門セット【 予算 ¥35,000 】

キャンパー定番アイテムを集めました。

結局、みんなが行き着くアイテムなので、キャンプを長く続けそうな人は

このぐらい最初に揃えていればかなりの長い期間快適に使うことができると思います。

※推奨シーズン:GW~12月上旬

チェア:HelinoxChair one

https://amzn.to/2ACgWsA

マット: サーマレスト Z ライトソル Regur

https://amzn.to/3eNHu91

シュラフ: モンベル アルパイン バロウバッグ #3

https://amzn.to/3dxKKFa

買っときゃ絶対間違いない!ド定番3種の神器【 予算 ¥55,000 】

見出しの通り、初期投資は高いですが、最初から揃えておけば買い換える必要はほぼないです。

ド定番すぎて何も言うことがないですが、とにかくほとんどの人が行き着く答えです。

特に寝袋、NANGAオーロラ450DXは年中使えるオールラウンダーです。

※推奨シーズン:通年

チェアHelinox Tactical cheir

https://amzn.to/3drdcZq

マット: NEMO インフレータブルマット ゾア20R

https://amzn.to/2MnLl0b

シュラフ: ナンガ オーロラライト450DX

https://amzn.to/36VsUt7

おまけ 僕が買った3種の神器

チェア: Helinox Tactical Chair  色: Coyote tan

折り畳めるコンパクトさ、タクティカルというモデル、ミリタリーカラー

ミリタリーテイストの無骨さに一目惚れして購入した最初のイスで、今でも現役です!

お尻と腰を包み込むような座り心地は最高です。コスパ、見た目、座り心地

どれをとっても最強のイスだと思います。周りの友人とキャンプにいいくたびに

徐々にヘリノックスチェア率が増えていくのが面白いです(笑)

マット: サーマレスト Z LITE

こちらは一番最初に購入したキャンプ用マットです。

僕は当時よく知らずになぜかアルミ蒸着のないものを購入してしまいました(笑)

次買うとしたら必ずアルミ蒸着があるモデルを購入します。

同じフォームパッドでもアルミ蒸着があるのと無いのでは暖かさが断然違います!

シュラフ:【NANGA×oxtos】AURORA 450DX(760FP) レギュラー

当時、山渓オンラインでセールをしていて安く入手できました。

ものすごく温かいオールラウンダーモデルです。

別の記事でもレビューしたいと思います。

他にもある重要アイテム+α

クッカー&カトラリー類

日曜生活では欠かせない食器類と一緒です。

紙コップや紙皿、割り箸なんかを使う代わりにすると自然にも優しいです。

僕も友人たちとグルキャンするときはマイコップ、マイプレート運動などと称して呼びかけています。

ヘッドライト・ライト類)

あると何かと便利なLEDライトです。

例えば、夜のキャンプ場は基本真っ暗闇です。

そんな中どうしてもトイレにい着たい場合や、テントの中でちょっとした明かりが必要なときに

枕元に置いておいたり、ポケットに入れておくととても重宝します。

インナーシュラフ

低い気温に対応した寝袋がない場合や、夏でも冷え込む標高の高いキャンプ場などでは対応しきれない寝袋も多いです。

そんなときに寝袋のインナーとして使える便利な封筒型インナーシュラフです。

単体でも毛布として使えるので大変便利です。

僕はNANGAのオーロラ450DXに入れて-15℃の年越し宗谷岬の車中泊でも使用しました(笑)

まずは3つのアイテムを揃えキャンプデビューしよう!

これまで紹介した3種の神器さえ揃えてしまえばあとはキャンプに行くだけ!

テントがなくてもキャンプができます。

例えばキャンプ場でバンガローを仲間と借りる。

外で食事をして車に入って車中泊キャンプなんかでも立派なキャンプです。

僕も面倒なときは外で食事をして、寝るときは車で車中泊なんてこともよくあります。

テントがなくても十分にキャンプは満喫できます。まずは3種の神器を揃えてキャンプを体験してみましょう!

自分にあったキャンプスタイルを 道具を揃えながらじっくりと考えるのも、 キャンプの楽しみの1つだと僕は思います。

  • この記事を書いた人

じむぱんだ

琵琶湖のほとりに住む、アウトドア大好き20代後半サラリーマン。 非日常を求め、ソロキャンプ / 登山 / 車中泊を楽しみつつ、アウトドアギア中心のレビューブログ「野ログ」を運営。 質問やご依頼などはお気軽に お問い合わせフォームからどうぞ。 詳しいプロフィールはこちら

-道具
-, ,

© 2021 じむぱんだ